忍者ブログ

電波党 党首の自伝

信長の野望Onlineを初めとするネットワークゲームで活動する電波党。党名の祖が自伝に挑戦した。
NEW ENTRY
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10

09/21/07:00  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02/06/18:02  窮屈?

 どうもコメントや各地のブログを見ていると私の提言への否定っぽい?雰囲気を感じるところもあるので、一応、玉枝さんのブログや、各地のコメントへのコメントとして(苦笑)

 どうも、皆の反応している話題は、一言で言えば「言葉狩り」に対するもののような気がします。

 しかし、繰り返しますが、私は言葉狩りをするつもりはありませんし、したくありません。
 私設のこれまでの歴史で、確かに言葉狩りと思われてもしかたがないケースがありました。
 行き過ぎた言葉狩りは、私も含め当事者には反省してほしいと思います。


 レベルの高い話をしてはいけないなどと言った覚えもありません。ボスや新Dの話だって、どんどんしてもらいたいと思います。
 装備の話もしちゃいけないなどと言った覚えもありません。あれ、少し言ったような気がするな(苦笑) え~っと改めます。装備が「私にとっては重要ではない」というだけです。(私だって、そりゃ、いいものは欲しいですよ?ええ ^^;)
 (でも、「装備にはこだわらない!」→「必要スペックを定義しない」という一線は超えてほしくありません) 



 私が言いたいのは つまるところ一点。
 会話が弾んでいる一部の人だけでなく、電波党員「全員」が楽しめる場であってほしい、ということ。

 これまで、あまり会話に参加できていなかった人との対話や、個別で送られてきた意見にもとづき、当事者と個別に話し合いをしたこともあります。
 誰かの推察のとおり、私設に疎外感を感じていた人や、誰かの私設会話の発言(の傾向)を不愉快に思っていた人が確かに存在します。



 だから、ワイワイやれている諸氏よ、ちょっとだけ気配り気遣いを考えてみないか?と言っているのです。お年寄りに席を譲る、ぐらいに簡単なことだと思います。

 楽しさを「全員で」共有する。それは難しい目標かもしれませんが、それほど特別なことを言っているとも思いません。




 ところで、玉枝のブログへのコメントで少々気になることを一点、言葉狩りします(わらい)
 千ちゃん「人間なんだし失言や誤爆や誤字の一つや二つや三つや四つはあるし、それをいちいち咎められたら会話・チャットなんてできやしない。」
 誤字や誤爆を咎めるわけがありませんが(むしろネタ歓迎だ)、失言はむしろ注意されないほうが不幸だと思います。特に本人が失言だと気づいていないとき。言葉は口から出てしまったら、取り戻せないのです。まぁ勢いで書いてしまっただけだと思うので、あまり気にはしていません。


 問題は、その「失言というハードル」です。これが過激すぎれば言葉狩りになります。

 私はハードルの高さを、道徳に置いています。
 すなわち、「相手のいやがることを言わない。相手の立場になって喋る」というものです。
 ほとんどの人はできているはず。これまでどおり何も変える必要がないはずです。



 運動場で遊んでいる子供達とそれを遠くで見ている○○君。
 見ているほうが声をかけてくればいいじゃん、という意見も多いようですが、遊んでいる面々がちょっと○○君に気配りしてあげれば、全員が楽しく遊べるのではないでしょうか。
 その気配りに対して、○○君。遠慮しなくてよいぞ?とは言いたい。


 いい大人のみなさん。私はそんなに特別なことを言っていますか?
 そんなに窮屈ですか?

 私も勢いで書きましたが、これで返事になっているかが心配(わらい)
PR

無題

木を見て森を見ずにはならないよう頑張ってくださいね。
理念・思想に拘るのもいいですが、楽しいのが一番です。
余り二人が出しゃばるのもどうかと思うよ?

  • 2008年02月06日水
  • 示威魔柄覇宇
  • 編集

無題

森だけを見て、一本の木のことを考えられないような大人にもなりたくないです。

  • 2008年02月06日水
  • 小池
  • 編集

わかりやすいのでヨシ

難しいことを言ってるわけじゃないのだとわかったので、玉枝はOKです。理解しました。
確かに今までの電波党は、少し行き過ぎたところがあったからみんなが窮屈感を感じてしまったけれど、やり方が間違っていたと反省しているようなので、今後はそういうことは無いと思いますし。その窮屈感(監視されている感じ)が無くなれば、今までどおりだし、そしてそこに「思いやり」が加われば怖いものナシの電波党になると思うよ^^

  • 2008年02月06日水
  • 玉枝
  • 編集

難しいな

二人が出しゃばる・・・わしと党首の事かね。
まぁそう言われても仕方ないし、そう思われても仕方ないかな。
ただ、少し言い方がアレなんじゃないのかね。
確かに少し出過ぎたと自重してる部分もあるし、間違ってはないと思うけど、言い方に棘があるのも確かだよ。

  • 2008年02月07日木
  • 弘正
  • 編集

追記で…。

色々と言い過ぎた面は非常に反省している。
今はその失敗をどう挽回するか、だの。
全員が「楽しさ」を共有するのって、そこまで難しいことでもない気もするのだよね。
せっかくのOnlineなのだし、皆で共通の話題でも見つかればいいのにね(’’
まぁ、色々と考え込ることがあって頭がオフライン状態に陥ってしまってます。

  • 2008年02月07日木
  • 弘正
  • 編集

玉枝意見としては

党首および副党首が出張った、というイメージはあんまりない。理想像だけが一人歩きした感じがあるけどね(というのは、正しい姿が見えてなかったという意味)。あえて言えば、「出張った」ような気がしたのは「監視されてる感(=言葉狩り)」があった時期だけ。それに関してはやりすぎたと本人から聞いたし、昨日インしたけどそんなの微塵も感じなかったよ。
とどのつまり、「党首らの考えている理想がわかりづらかった(もっと具体的に言えw)」ということに終始すると思う。あとコミュニケーション不足。
まあ、玉枝的にはこの問題は終わったことなので、これに関してはこのコメントを最後とします。「現時点で」窮屈があるかどうか、まずは自分の肌で感じて決めてもいいと思う。以上、玉枝意見でした。

  • 2008年02月07日木
  • たまえ
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL