忍者ブログ

電波党 党首の自伝

信長の野望Onlineを初めとするネットワークゲームで活動する電波党。党名の祖が自伝に挑戦した。
NEW ENTRY
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

12/12/00:09  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02/04/16:35  初心者の定義?

ガオさんが自身のブログで「初心者の基準とは?」というテーマを書いています。
私の考えを述べつつ、返信をしたいと思います。
 
 私が考える初心者の基準というものは「ありません」。というのでは身も蓋もないので、

 私が考える初心者の「定義」は「自分を初心者だと思っている人」です。と述べておきます。

 神職やってるときのガオさんが「自分は初心者」だと思うのであれば、初心者だと思います。

 例えば、手探りで育ててるときに自分の職のことを「使えない職」とか「型に嵌められる」ようなことを言われたら面白くないでしょう?自分が考える自職の姿を追い求めたいでしょう?
 つまり「自分が言って欲しくないことを他人に言わない」「他人の夢や、将来経験するであろうことを台無しにするようなことを言わない」「自分の考えを押しつけない」
 そんな「道徳で学ぶような話」しかしようがないと思っています。

 さて、少し勘違いしている人もいるような気がしますが、私は言葉狩りをするつもりはないし、じぶんの考えを押しつけようという気もありません。


 誰かが言ってましたが「電波党は小学校」です。
 外(野良)で「いらない子」と言われようが、生徒をスペックという枠に嵌めるようなことをせず、自由に伸び伸びと育つ場を提供したい。
 野良でやっていける人には野良でも活躍してもらえばいいです。野良で生きていくための知恵を知っている人が伝授するような場であってほしいと思います。
 野良でやっていけなかった、叱責されたなんて人でも電波党にくれば自分の居場所が見つけられる、そういう場でありたい。それだけなんです。

 例えば、誰かが言いました。「神典がアタッカーとして生きていけると思ってる?」
 世間ではNoなのかどうか知りませんが、私の中ではYESです。
 その人が神主アタッカーを目指したいというのであれば、少なくとも電波党では神主アタッカーで生きてもらいたいです。

 例えば、誰かが言いました。「あのボス、まだ倒していないんですけど、なんか注意することありますか?」それに対して「あのボスは雑魚だよ」なんてことを言って欲しくありません。
 その人の夢を潰すようなことを私設で言ってほしくありません。

 
 スペックがどうとか、装備の性能がどうとか、そういった情報の重要度は私の中では極めて低いです。 むしろ野良でユニクロ?と言われる装備で闘って、勝てないかもっていう闘いをするほうが私には快感。
 勝てなくたって、燃え尽きたという経験ができれば、私としては最高の経験の一つなんです。

 負けて幽霊姿で記念撮影 が楽しめる。

 電波党の参加要件のひとつです。勝つことが目的じゃないんです。


さて、ガオさんが自身のブログで

>すぐに「初心者なんだから」などと初心者の言葉を聞きますが
>「何に対しての初心者」か分からない、初心者に対する考え方が違うと思いますが
>何でもかんでも初心者だからではなく何に対しての初心者かを明確にして欲しい。

(中略)この部分は同意です。

>私が初心者だと思えるのは
>・バー読みが出来ない
>・立ち回りが出来ない
>・職の特徴が掴めていない

という定義を求めていますが、確かにそうかもしれませんね。
「自分が初心者だと思っていない人」を定義するためには有用かもしれません。
でも、そういった一つ一つを取り上げて定義することに、それほど意味があるでしょうか。


誰かが言いました「永遠の17歳」

電波党員は全て、何かを求めて電波党の門を叩いた「永遠の初心者」なのかもしれません。

繰り返します。
自分が言われたくないこと、言われたくなかったことを 他人に言わない、押しつけない。

それを皆が心に意識してくれるだけで、私は満足です。

PR

思うこと

もっと気楽に

信長を楽しみたい!

と思って発足したのが電波党なはずなんだけどな?

こんなに難しいことだったかな?(、、

  • 2008年02月04日月
  • 玉枝
  • 編集

気軽さも大事だけど。

確かに気軽さも大事だよね。
でも、「気軽に~」だけじゃ、電波党の意味がない気がするんですよ。
気軽に発言して、初心者の理想を阻める結果になってしまえば、「電波党ってなんなの?」ということになるよね。
少なくとも私には、党首の気持は痛いほどわかります。

  • 2008年02月04日月
  • 弘正
  • 編集

追記で。

気軽に信Onを楽しみたい。
これは非常に大事な要素の1つだけど。
それだけでなく、電波党は初心者や現状仕様に気疲れしている人に対するサポートも目的として構成されたものだと私は考えている。
そういった意味でも、党首の意見に共感です。

  • 2008年02月04日月
  • 弘正
  • 編集

参加するの?

参加するの?

初心者としての意見

 自分が駆け出し薬師のころ、「薬師で攻撃することってできる?」と党で聞いたことがあった。答えは「無理」ないし「しないほうがいい」だったと思う。正直それを完全には受け入れることができなかった私は一度、党の狩りに攻撃仕様で参加した。当然ながら結果は散々だった。以後、自分は攻撃を捨てて回復役に専念して立ち回り方を憶えていった。
 確かにあの時薬師の攻撃を否定されたことは悲しかったかもしれない。けど、私はちゃんとダメっていわれたことに感謝している。「うまくやればいける」なんていわれて、後で野良で叩かれたりしたら私はもしかしてここにいなかったかもしれない。そして今のところ、私は野良で叩かれない程度には立ち回れるようになったかと思う。
 もしかしたらうまくやれば流派等駆使することで薬師でも攻撃は可能かもしれない。けどそれは初心者には不相応な望みだと思う。それこそ初心者ならキャラ枠はまだ残ってるはずで、一通り立ち回り等職業の基本を覚えてからでも再チャレンジはできるはず。人生と違ってゲームはまたやり直せるんだからね。
 それより私は、攻撃仕様で狩りにいったとき皆が笑って受け入れてくれたことに感謝している。その電波党の精神は多分昔も今も変わっていないと思う。今、私あるいは初心者薬師が攻撃仕様で電波ツアーに参加してもあの時と同じように皆は笑って受け入れてくれるだろう。だから私は「電波党は今のままで十分」と主張するのだ。

  • 2008年02月05日火
  • 千本桜由乃
  • 編集

無題

メンバーが10人いるとして、中心の7人が個人的会話みたいにワイワイガヤガヤ楽しんでいるのが「今のままの電波党」
中心の7人として個人的会話に楽しめているあなたには、会話に入れない3人が感じている疎外感はわからないものです。

  • 2008年02月06日水
  • どこかの浪人
  • 編集

今の電波党

自分にとって今の電波党は物凄く居心地のいい空間になってます

私設に入ったら挨拶してくれる人ばかりだし
私設を出るときも挨拶を返してくれます
こんな電波党や党員が好きだから自分は私設に出入りしています

あと、あのボスが~だとか
装備がどうたらこうたらも自分はOKだと思う
それらの発言をなんとなく禁止にすることによって
逆に居心地が悪くなる人も出てくるはずです
発言内容を縛られちゃえば心から雑談を愛でることはできないかと


党首曰く
『自分が言われたくないこと、言われたくなかったことを 他人に言わない、押しつけない』

上記のような最低限のルールさえ守れれば
自由に好き勝手に発言できる今の電波党の空気で問題ないかと思うわけであります


>会話に入れない3人の疎外感

こればっかりは慣れてもらうしかないと思います
疎外感に慣れるんじゃないですよ
私設会話の空気にです
自分も3人側だなと思うときの方が多いですしね
そんなときに自分は何か狙ってたり狙ってなかったり
そんなことはどうでもいいですけどね^^

会話に入れなくても狩りに参加することはできます
毎日ってわけじゃないけど、電波ツアーの募集は頻繁にあります
ここで低レベルだからとか同じ職業がたくさんいるな・・・
って遠慮をしたら負けです
(職業調整は複数キャラ持ってる人に任せましょう お)
極端な話、全滅することを目的としたツアーが多いですしね^^
こういったツアーに参加して自分が感じてる疎外感を無くしていけばいいんじゃないかと
徒党会話→私設会話とステップアップです
誰でも最初は転校生であり新入社員です
新人を温かく迎えれる雰囲気は今の電波党だと間違いなくあります と断言できます

(ここからオマケ)
初めて電波ツアーに行ったときのことです
自分が「ノ」って狩りの募集に手を挙げたときに
党首が物凄く気にしてくれたことは今でも感謝しています
「桃村さんは数に入ってるの?」「ねぇ、桃村さんは?」
もし、あのとき狩りに参加できてなければ
自分はこの私設に居なかったはずです♪

  • 2008年02月06日水
  • 桃村舞美
  • 編集

無題

というか、党首・副党首が勝手に難しくしてないか?
俺はあれ以来参加してない。(合戦行ってるというのもあるけどね)
息苦しいし面白くない。
党首と副党首の顔色見ながら話すのがね。
堂々と私設内で否定されるしなw

>野良で生きていくための知恵を知っている人が伝授するような場であってほしいと思います。

これは相反する事じゃないか?
野良での一般常識を教えることはある程度否定しなければならない。
野良でのことは知りませんと言うなら構わないけど。

  • 2008年02月06日水
  • 示威魔柄覇宇
  • 編集

えっと?

>示威魔柄覇宇
ごめんなさい。何を言っているのか意味がわかりません。

スペックに代表される野良での一般常識?を否定し、楽しくやろうよというのが電波党ですが、その人が野良に出て行くときのために、その常識というものを教えてあげることも必要ではないか?
なんで教えることすら否定しないといけないのかわからない。

  • 2008年02月07日木
  • 小池
  • 編集

・・・。

同じく理解し難いね。

>というか、党首・副党首が勝手に難しくしてないか?
 
これは非があることは認める。
現に、窮屈さを感じている党員がいるのは、変 えようのない事実。

>党首と副党首の顔色見ながら話すのがね。
 
以前語り合った内容は、あなたには一切伝わっ ていなかったということだね。残念です。

>堂々と私設内で否定されるしなw
 
私設の雰囲気を察してくれるのはいいけども。
当時、初対面だった貴方に突然対話するのも気がひけただけですよ。

>これは相反する事じゃないか?
>野良での一般常識を教えることはある程度否定>しなければならない。
>野良でのことは知りませんと言うなら構わない>けど。

確かに野良では当然否定とかされるだろうね。
でもね、そういうところで気疲れとかしてる人がいるんだよ?
そういう人が気を休められるのが電波党のはず。
その唯一の電波党で、「●●できると思うわけ?」みたいなコメント流れていたら意味がないだろうに。

「その人が神主アタッカーを目指したいというのであれば、少なくとも電波党では神主アタッカーで生きてもらいたいです」

党首も述べていることだろう。
それが理解できないというなら仕方ないが。

私達の想いは、すでにあなたに伝えたはず。
でもそれは理解してもらえていなかったようだね。残念です。
でも人それぞれの考え方ってもんがあるから、あなたの意見を否定する気はありません。

あなたは、私たちの想いを「偽善者」として捉えたけども、私はそうとは全く思わないね。
あなたがわしと同じぐらい熱い人だということは聞いたけども。
もう少し周りの空気を察したらどうかと思うよ?

なんというか、考え方も言い様も一方的すぎ。
それが私の見解だね。

まぁ、党首のブログでグチグチしてるのもアレだから、愚痴はこれでお終い。

冷静さが欠けている乱文で申し訳ないが、
これが私の正直な想いである。





  • 2008年02月08日金
  • 弘正
  • 編集

まぁ、追記で。

こっからは少し冷静に…。
示威魔柄覇宇氏の述べることも、完全に否定できることではないのが事実である。
わし自身も、党員に強制のように強く押し付けたことは深く反省している。
今後は、もう少し党員を気持ちを考えていこうと思う。
まだまだ、抜け目が多い副党首ですみません。

この件に関するコメントはこれまで。
あとは、定例会などを通し、党員の意見を聞いて今一度見直していこうと考えています。

  • 2008年02月08日金
  • 弘正
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL